COSMOPOLYPHONIC 7/13 @SECO

COSMOPOLYPHONIC 7/13 @SECO

渋谷SECOで展開するレギュラー・イベント"COSMOPOLYPHONIC"。<Maltine Records>や<R&S>のサブレーベル<Apollo Records>からもリリースするUKガラージの気鋭Submerse、Flying LotusへのRemixや<Hyperdub>にその名を連ねる唯一の日本人アーティストquarta330、自身のレーベル<BEATBAKAYALOW>を運営するプロデューサーデュオCONFLICT、<CIRCULATIONS>より待望のソロデビューEP "Tranquilizer EP"のリリースを控えるSuper Smoky Soulのre:ill、Free Babyroniaが主催する名古屋のエレクトロニックレーベル<AUN Mute>からデビュー作"Good Friends of Death EP"をリリースしたKawakami Kohei。計5組のゲストに加え、VJには、7STARS DESIGN所属のVJ/デザイナーKazuya Ito as toi whakairo。お馴染みcosmopolyphonicsは、RLP、Fujimoto Tetsuro、Tidal、そしてsauce81はdiyTokionとのコラボでスペシャルなライブセットを披露!一夜限りの天体ショーを巡るCosmic Beat Odysseyへ旅立とう!!

======================================

======================================

Submerse

 

Submerse
soundcloud

 イギリス、チェシャー出身のSubmerseは超個人的な影響を独自のセンスで消化し2step、ビートミュージック、 アンビエント、 ヒップホップ そして ドラムンベースを縦横無尽に横断するユニークなスタイルを持つDJ/プロデューサーとして知られている。過去にはR&Sの姉妹レーベル、Apollo RecordsやMed Schoolといったレーベルから作品がリリースされており7月にはProject Mooncircleから"Tears EP"をリリースしたばかりである 。

quarta330

 

quarta330
quarta330.lbpg.net
soundcloud

 Hyperdub所属。Flying Lotusへのリミックスの提供をはじめ、Thom Yorke(RADIOHEAD)、Mouse On Mars、Ministry of Soundのミックスに収録される。2010年ハートキャッチプリキュア!との出会いを契機に【中略】SonarSoundTokyo2011へ出演。

CONFLICT

 

CONFLICT
BEATBAKAYALOW

 Kabeyah & SHIROの2人によるビートメイカー・デュオ。貪欲に新しいビートを吸収しつつも、ヒップホップを出自とした、どこか懐かしくもある骨太なビート感覚にはジャンル、世代を超えた共感が寄せられた。近年では、Edit、Samiyam、Nosajthing、Tokimonstaなど海外のアーティストとの共演などを経て、その音楽性をアップデートさせ続けている。

re:ill

 

re:ill
soundcloud

 たった1 枚のアルバムで伝説化した日本代表ビートトリオSuper Smoky SoulのメンバーRE:ILL。 空間的でドンピシャでかっちりと組み立てられたスキのないビートは、 ビート・ミュージックのありきたりの<ビート>に飽き飽きしているアナ タへ、刺激的な本物のイノベーションを届ける! 世界のどこにも存在しないヒップホップ・エクスカージョン!

Kawakami Kohei

 

Kawakami Kohei
soundcloud

 シンセやサンプリングはもちろんのこと、鳴ってる音なら何でも使って自分なりのポップ感を表現するトラックメイカー。映像作家とのコラボレーションやらライブやらを中心に活動中。2012年6月AUN Muteから"Good Friends of Death EP"をリリース。

Kazuya Ito as toi whakairo

 

Kazuya Ito
as
toi whakairo
flavors.me

 グラフィック/WEBデザイナーとして、多数の案件に携わる。 ファッション系デザイン事務所、Wax Poetics Japanを経て、現在は7STARS DESIGNに所属。 The Roomのパーティbreakthroughのフライヤー、cosmopolyphonic radioへのアートワーク提供、 フリーマガジンDESTINATION MAGAZINEの立ち上げにも参加しデザインを手掛ける。 近年はVJとして映像の分野でも積極的に活動中。